「UE4で一本出してみて困ったこと」に関するs_ssk13さんの補足(togetter)

そんな便利なものが!
早速試してみました。

レベルブループリントかPawnクラス(入力を受け付ける自機等)に以下のようなブループリントを書きます。

2015-01-07 20_19_20-FPS_470P - アンリアル・エディタ
 ZKeyTimeDown というfloat型のメンバ変数をわざわざ作っています。
このメンバ変数を作らずに GetInputKeyTimeDownの値を直接使いたかったんですが、
Was Input Key Just Released のタイミングだとゼロになってしまっているので苦肉の策です。
(Was Input Key Just Released自体がfloat値も返してくれると嬉しいんですが…)

※ひょっとしたら、もっとスマートに書けるのかもしれません

2015-01-07 20_20_03-FPS_470P - アンリアル・エディタ
 実行結果。
Zキーを放すと、押していた時間が返ってきます。
これを利用してチャージショットを実装できそうです。